YouTube Premiumに加入して大満足!理想の音楽環境を満喫しています!

スポンサーリンク

2018年11月14日、YouTube Premiumが日本でサービス開始されました。私は即日入会して一週間近く使っていますが、非常に満足しています。

どんな人がYouTube Premiumに入ってお得なのか、この記事で紹介します!

スポンサーリンク

YouTube Premiumってどんなサービス?

今回GoogleからYouTube Premiumの他に「YouTube Music」「YouTube Music Premium」といったサービスが登場しています。もとからあった「Google Play Music」との関係を含め、ややこしいので整理してみましょう。

YouTubeとGoogle Play Music

Googleのコンテンツサービスには動画サービスのYouTubeと音楽サービスのGoogle Play Musicが以前からありました。

Google Play Musicは月980円で4,000万曲の音楽が聴き放題となりますが、無料版でももともと自分がローカルで保存していた音楽ファイルをアップロードすることはできます。

一方YouTubeはこれまで基本的に無料版しかなく広告が挟まってしまうため、集中や睡眠のためのBGMとして使っていると突然場違いな広告の音で乱されてしまうという弊害がありました。

また、YouTubeアプリが前面に出ていないと音が途切れてしまうので、外出先でYouTubeの音楽を聴きながら他のアプリを使うには非公式アプリを使うしかないという不便がありました。

今回YouTube Premiumという「有料版のYouTube」が登場したことで、カネの力で広告を葬り去る自由と、YouTubeの音楽を聴きながら他のアプリやブラウザを操作できる自由(「バックグラウンド再生」と言います)がリスナーに与えられたのです。正直嬉しいです。

YouTube Music

さて今回、YouTube Premiumとは別にYouTube Music Premiumというサービスも登場しました。こちらはどういうサービスなのでしょうか?

YouTube Music PremiumはYoutube Musicの有料版で、ひと言でいえばGoogle Play Musicに動画が付いたストリーミングサービスです。

「YouTube」と名が付いているところからわかるように、動画付きの音楽も数多く楽しむことができるというわけです。

YouTube Music (Premium)の核心は専用のスマホアプリです。

‎YouTube Music は探している音楽を簡単にみつけることができ、新曲も豊富な、新しい音楽アプリです。あなたのアプリ上での行動や好み、トレンドに合わせてプレイリスト...

YouTube Music (Premium)のアプリでは、プレイリストの作成・編集はもちろんのこと、これまで音楽のみについてGoogle Play Musicから提供されていたラジオなどのおすすめの「動画+音楽」も簡単に探して視聴することができます。

また、YouTube Music (Premium)アプリでは何もしなくてもYouTubeのプレイリストを指定できるため、YouTubeで音楽を聴いていたユーザーにとって違和感なく移行できるようになっています。

YouTube Musicからお金を払ってYouTube Music Premiumにする意味は、YouTube Premiumと同様、やはり広告の撲滅とバックグラウンド再生です。

YouTube PremiumとYouTube Music Premium

一番イメージしにくいのが、YouTube PremiumとYouTube Music Premiumの違いです。

ひと言でいえば、YouTube Music Premiumでは動画コンテンツを見ることができない分YouTube Premiumより月額料金が安いです。

しかしこの「動画コンテンツ」の中には実質的に音楽を聞かせることを目的としたものも多く含まれています。

結果としてどうなっているかというと、YouTube MusicでYouTubeのプレイリストを視聴しようとしても、かなりの曲を結局聴くことができない、、という状況です。

例えば、私のYouTubeプレイリストはこんな感じなのですが、

YouTube Musicアプリで見ると、R Sound Designさんの「エイトリアム」とはるまきごはんさんの「セブンティーナ」が音楽ではない動画とみなされ、消されてしまっています。

 

BGM用のプレイリストに至っては、この有様です。。

結論、YouTubeで音楽を聴いている方々はYouTube Musicでは視聴できないコンテンツがかなりあるので、YouTube Music PremiumではなくYouTube Premiumへ移行する方がストレスが少なくて済みます。

YouTube Musicアプリも便利ではありますが、YouTubeのプレイリストをYouTube Musicアプリで見てみると「えっこんなに聴けない曲だらけなの。。」とげんなりすると思います。

言葉だけだと分かりにくいと思うので、図にしてみました。

そんなわけで、YouTubeで音楽を聴いている方はYouTube Premiumに加入することをお勧めします。

YouTube Premiumのすすめ

YouTubeが得意とする音楽は、BGMとボカロです。

By: Greg SchechterYouTubeは著作権に縛られていない音楽ならなんでもいくらでも無料で簡単に聴けてしまう、最強の音楽サービスです。この記事では2018年6月現在の日本...

私は最近BGMとボカロ界隈でYouTubeに投稿された曲しかほとんど聴いていませんが、たまに思い出したように20世紀の音楽が聴きたくなるのでそんな時にはGoogle Play Music(有料版)を使っています。

そんな私にとってGoogle Play Musicも包含しているYouTube Premiumは最高のサービスです。

広告なしでBGMを流したりボカロ曲を聴くことができ、外出時にも他のアプリやブラウザをいじりながら聴くことができるようになったため、音楽ライフがさらに充実しました。

ソフトバンクの動画SNS放題との組み合わせ

おりしも、ソフトバンクから「動画SNS放題」という、YouTubeの公式アプリをいくら使っても通信量がカウントされないサービスが出てきました。

対象サービスをどれだけ使っても動画SNS放題「ウルトラギガモンスター+(プラス)」

こちらとYouTube Premiumを組み合わせればYouTube Premiumへ月額1,180円を払うものの、ソフトバンクの定額通信の50GBの容量を全部他の用途へ振り向けられるため、データ通信を多くされる方にとってはかなりお得なのではないかと思います。

家庭のソフトバンクの電波状態に問題なければ、固定回線のブロードバンドサービスを辞めてしまってもよいのではないでしょうか?

おわりに

YouTube PremiumはボカロやBGMなどもともとYouTubeを音楽聴取目的で使ってきたユーザーには最高のサービスです!

特にソフトバンクユーザーの方は動画SNS放題との併用がおすすめです。