小さいスマホUnihertz Atomで得られる2つの絶対的なメリット

スポンサーリンク

2018年後半に入って、超ミニサイズのスマホや携帯電話が続々登場してきています。

そんな超ミニサイズスマホの一つ、Unihertz社のAtomという機種を入手してしばらく使ってみた結果、普通のスマホでは絶対不可能な長所が2つあったので、この記事で報告します!

スポンサーリンク

ミニサイズ携帯電話

iPhoneの登場以来、スマホはだんだんと大きなサイズになっていくのが主流でした。

思えばスマホで最初にメジャーになったiPhone3Gの画面サイズは3.5型でした。それが最近のiPhone XS Maxでは6.5型になっています。画面の面積は実に3倍以上です。

一方最近になって、大きくて重たいスマホってかえって不便じゃない?というニーズに応えるべく、NTTドコモの「カードケータイ」「ワンナンバーフォン」をはじめ各社から小さくて軽くて薄い携帯電話が各種登場してきました。

ドコモの冬春モデルで特に注目の2機種「小さい・シンプル」を追求 - ライブドアニュース
先日NTTドコモが行った「NTTドコモ2018-2019年冬春 新製品発表会」。発表された新端末8モデルのなかでも、特に注目を集めていたのが『カードケータイ KY-01L』と『ワンナンバーフォン ON01』である。両者とも「小さ

 

これらの機種では通話のほかテザリングをすることも可能なので、モバイルPCなどのルーターを兼用することができます。

 

しかし、ミニサイズガジェット大好きな私ですが、ミニサイズの携帯電話を注文する気にはなりませんでした。

理由は簡単、日常生活でほとんど通話しないからです。

家族を含め伝えたいことがあれば、LINEや電子メールで連絡しています。

音声通話って、相手の時間を縛ってしまうので性に合わないのです。

超ミニサイズのスマホ、UniHertz Atom

しかしスマホであれば話は別です。

ミニサイズのスマホであれば、超超欲しいです。

LINEを使えることはもとより、GMailやYahooメールなどのメールサービルを自由自在に使えますし、ネットのブラウジングができ、カメラがついていればPayPayなどQRコードを使って決済をすることもできます。

BluetoothでGoogle Home Miniなどのスマートスピーカーやヘッドホンへ接続して、YouTubeのサイトやアプリから簡単にいつでも好きな音楽を楽しむこともできます。

さすがにこれだけ画面サイズが小さいとゲームなどは難しいですが、スマホであるというだけで音声通話の他にできることが無限大に広がるのです。

私は勤務先の会社から貸与されたiPhoneをメインに使っているのですが、プライベート用のスマホを別に持たなければならず、2台のスマホ(+モバイルバッテリー)を持ち歩くと重いしかさばってしまうので悩みの種なのです。。

そんなわけで、とにかく小さいスマホはないかと探し求めていました。

 

そんな小さいスマホとして2018年暮れに発売されたのが、Unihertz社のAtomという機種です。

 

どんなに小さいかって、手にすっぽり収まってしまうくらい小さいです。

そんなに小さいと、文字とかちゃんと表示できるの。。?

と思われるでしょうが、文字くらいはちゃんと表示できます。

 

こちらの写真をご覧ください。

五円玉との比較で筐体のサイズの小ささは想像できると思いますが、ブログ記事を読むくらいのことは普通にこなせることも分かると思います。

 

私はCampfireというクラウドファンディングでUnihertz Atomを入手してしばらく使ってみましたが、2台持ちのサブ機として現在最強の機種だと確信しました。

以下、開封の儀の模様と使用感をレポートします!

開封の儀

Unihertz Atomの外装です。箱からして小さいです!

 

Unihertz Atomはちゃんと技適取得済みですよ!

 

Unihertz Atomの付属品です。
本体・充電器・充電ケーブル・SIM抜差し用ピンのほか、ストラップと画面保護フィルムも付いていました。

 

気になるUnihertz Atomの重量実測です!スペックでは本体のみで108グラムとのことですが。。

ストラップ込みで114グラムでした!ほぼスペック通りですね!

 

長所1:片手で写せる超小型カメラ

Unihertz Atomの一番の特長は、片手に収まるほど小さく軽いことです。

そのメリットを一番生かせるのは、カメラです!

こんな感じで、片手でパシャパシャと写真を撮れます。

普通のスマホだと、どうしても両手を使わないと写真を撮ることができませんよね。

Unihertz Atomなら、片手を空けたまま写真を撮れるんですよ!

音量ボタンがシャッター代わりになるだけでなく、カメラの起動も物理ボタン(赤いボタン)に割り当てられるので、画面をタップすることなくカメラを起動して写真を撮れてしまうのです。

片手で写真を撮れるというのは他のスマホでは絶対できない、Unihertz Atomだけの特長なのです。

「写真を残す」ことのハードルがまた下がった!と感動しました。

 

ちなみに撮った写真はこんな感じです。
(WordPressの制限で本写真はアップロードできなかったので、縮小しています)

 

ただ、片手で写す場合は手振れに気を付けないと結構ひどいことになってしまうのも事実です。

 

夜景は頑張ればなんとか、、という程度。

 

最近の中~高級スマホの写真性能とは天地の差がありますが、ブログへアップする程度の写真は十分に撮ることができますよ!

 

長所2:この小ささで物理ボタンがたくさん

Unihertz Atomはものすごく小さいスマホですが、物理ボタンは普通のスマホよりもむしろ多いので小さい割には使いにくさを感じません。

Unihertz Atomのわかりやすい物理ボタンとしては電源(スリープ)と音量アップダウンのほか、ユーザーが好きに割り当てられる赤いボタンが備わっています。

この赤いボタンだけでも、かなり便利ですよね。

でも、それだけではないんです!

 

Unihertz Atomが指紋認証に対応していることはスペックなどを見てご存知の方も多いと思います。

この指紋認証も普通に便利なのですが、それだけでなく、指紋認証ボタンがホームボタンを兼ねていて、指紋認証部の左側をタッチすると戻るボタン、右側をタッチするとアプリ選択ボタンとして機能するです。

設計の下手なAndroidスマホだとホームボタンを呼び出すだけで一苦労するものもありますが、Atomはこの小ささのわりにホームボタンなどが実質的に物理ボタンと同じくらいわかりやすい配置になっていて、とても便利だと思いました。

おわりに

超小型スマホ・Unihertz Atomは片手で気軽に写真を撮れて小さい割には存外に使いやすい、2台目として最高のスマホです!

ぜひ手にしてみてくださいね!