SIMロック・SIMフリーとはどういうことなの?分かりやすく説明します!

スポンサーリンク

「SIMロック」とか「SIMフリー」ってスマートフォンに絡んでちょくちょく聞く言葉ですが、一体どういうことなのでしょうか?

この記事では、SIMロックがかかっているとできないこと、SIMフリーだとできることを具体的に説明します。

スポンサーリンク

まず、「SIM」とは

SIMとは何でしょうか?

読者代表
読者代表

SIMって、スマホを買って最初にスマホに挿す小さいチップみたいなカードのことでしょ?

正解です。この記事の冒頭の写真みたいなカードですね。

読者代表
読者代表

SIMカードって、ICクレジットカードのICの部分に似てるね。

よい着眼点ですね。SIMカードはICクレジットカードのIC部分と同じようにICでできていて、電話番号や使っている通信会社などスマホを使うユーザー固有の情報が記録されているのです。

このSIMカードがないとスマホはユーザーの電話番号など基礎的な情報が分からなくなってしまうため、通信をすることができません。

ただし、SIMカードのないスマホでも、Wi-Fi(無線LAN)で通信をすることはできます

試しにSIMカードを取り外してみると、「SIMなし」などと表示されてWi-Fiの通じない場所では使えなくなりますが、Wi-Fiの通じる場所ではWebブラウジングなどをすることはできるはずです。

ですので、いくつもスマホを持っている場合には家の外へ持ち出すスマホにだけSIMを挿して、Wi-Fiを使える家の中から持ち出さないスマホにはSIMを着けない、といった使い方もあります。

 

SIMロック

SIMロックとは、ある通信会社から売られたスマホに他の通信会社のSIMを挿しても通信できないように、スマホに制限をかけることです。

制限をかけるのはスマホを売った通信会社で、制限を掛けられる対象はスマホ(通信端末)です。

読者代表
読者代表

「SIMロック」って呼んでるけどSIMに制限がかかってるんじゃなくって、スマホに制限がかかってるのかー。

そうなのです。なので、SIMロックがかかったスマホが中古市場に出ると、「docomo用」「au用」「SoftBank用」といった制限付きで売られます。

例えばdocomo用のスマホにSoftBankのSIMを挿しても、SIMを挿していないのと同じです。

読者代表
読者代表

なんでこんな不便な仕組みをわざわざ作ったの?

以前はiPhoneはdocomoからは発売されていませんでした。

人気のあるiPhoneで売り上げを伸ばしていたSoftBankからすると、SoftBankからiPhoneを買っておきながらdocomoのSIMに差し替えるユーザーが出てしまうとiPhoneで通信料の売り上げを伸ばすことができなくなってしまいます。

ある通信会社から端末だけ買っておいて通信契約は別の通信会社と契約しようとするユーザーの防止のためにSIMロックという仕組みが考えられたのです。

 

SIMロック解除

SIMロック解除とは

ここ数年はどの大手通信会社でも最新のiPhoneをはじめとした主力機種を手に入れることができるようになり、SIMロックで使えるスマホの機種を制限する意味はなくなってきました。

しかし、買ってすぐに通信会社を変えてしまうユーザーは通信会社にとって悩みの種である点は変わっていません。

そこで、現在ではSIMロックという仕組みは残っているものの、購入から100日過ぎればユーザーが自由にSIMロックを解除することができるようになりました。この解除手続きのことをSIMロック解除と呼びます。

SIMロック解除には手続きが必要ですが、「My docomo」「My au」「My SoftBank」といった通信会社のサイトにアクセスして所定の操作をすれば無料でできます。

SIMロック解除をしておきましょう

大手通信会社から格安SIMなど通信料金の安い通信会社に乗り換える場合は、SIMロック解除をしておかなければいけません。

また中古端末として買取に出す時のことを考えると、購入した通信会社でしか使えないスマホよりもどの通信会社でも使えるスマホの方が用途が広いので、高い値段で売ることができます

以上の理由で、大手通信会社からスマホを購入してから4か月くらい経ったら、SIMロック解除をしておくようにしましょう。

 

しかし、SIMロック解除の具体的なやり方は通信会社によって違います。詳しくは「docomo SIMロック解除」などといった検索ワードでググってみましょう。

どの通信会社でも共通で必要になる事前準備は、自分のスマホのIMEIを調べてメモしておくことです。

IMEIは15桁の数字で、すべてのスマホをはじめとした携帯端末につけられている固有の番号です。IMEI番号が特定できれば世界でたった一つのスマホを特定できる、そんな番号なのです。

IMEIはスマホの設定画面で調べることができます。具体的なやり方はググってみれば簡単に調べられます。

 

なお、古い機種ではそもそもSIMロック解除に対応していないものもあります。

iPhoneで言うと、iPhone6以前の機種はSIMロック解除に対応していません。

iPhone6S以降の機種であればSIMロック解除できますので、解除しておくことをおすすめします。

読者代表
読者代表

んー、なんかちょっと難しくなってきたけど、、
要はIMEIを調べてメモしておいて、「My ××(通信会社のサービスサイト)」でSIMロック解除手続きしとけばいいってことね。

SIMフリーとは

SIMロック解除されたスマホは、どの通信会社のSIMを挿しても普通に通信サービスを使うことができるようになります。

また、最初からSIMロックのかかっていないスマホもあります。

このようなどの通信会社のSIMを挿しても通信サービスを使うことができるスマホ(通信端末)を、SIMフリーと呼びます。

SIMフリーもSIMロックと同じようにスマホ端末の状態(ステータス)を指す言葉です。

中古などスマホの端末が売られている時に「SIMフリー」と書いてあれば、その端末はどの通信会社でも使うことができるやつだと理解しましょう。

読者代表
読者代表

逆に言うと、SIMフリーのスマホじゃないと格安SIMでは使えないかもしれないってことね。

おわりに

いかがでしたか?

この記事を読んだ方が、SIMロックとSIMフリーについて理解が深めることができれば幸いです。