PayPayの使い方と注意点をレポートします!今なら無料登録で500円ゲット!

スポンサーリンク

おサイフケータイ機能がなくてもスマホでお金を払うことができる決済サービス「PayPay」が2018年10月にサービス開始されましたので、早速使ってみました。

これまでになく便利だと感じた反面、利用にあたって多少注意点もありますので、この記事で紹介します!

スポンサーリンク

PayPayとは?

PayPayはソフトバンクとヤフーが合弁で運営するスマホ決済サービスです。

従来日本で展開されてきたスマホ決済サービスはおサイフケータイやFeLiCaと呼ばれるスマホの機能お店のレジに置く読み取り機を必要とするものが大きな位置を占めてきました。

そのため、サービスを使う個人ユーザーにとってはスマホを買う際に「このスマホっておサイフケータイに対応しているんだっけ。。」といちいち気にしなければなりませんでした。

お店にとっても、読み取り機の設置にコストがかかるだけでなく、移動販売など機動的に個人顧客へ店頭で提供するサービスでは導入しづらいという欠点がありました。

その点PayPayはバーコード読み取りによる決済なので、スマホにカメラさえあれば使えますし、お店側もバーコードを印刷してレジに掲示しておけば良いのでコストも手間もかかりません。

 

PayPayの使い方

PayPayを使うための準備として、まずはApp StoreGoogle PlayでPayPayのアプリをダウンロードします。

初めてアプリを立ち上げると電話番号とパスワードを聞かれますので、入力しましょう。

すると電話番号に確認PINコードの記載されたSMSが送られてくるので、PINコードをアプリに入力します。

はい、たったこれだけで500円ゲットです!

読者代表
読者代表

えっマジで?!

マジです。

ただし、500円もらえる期間には限りがあるので、早めに登録するに越したことはありません。

PayPayは日本のQRコード決済サービスの中でも後発なので、ソフトバンクやヤフーの財力をばらまいてでも決済サービスのデファクトスタンダードを獲りに行っているようです。

 

登録後すぐにやっておきたいこと

支払方法の登録

PayPayに登録したら500円もらえますが、そのままでは500円を超える支払いをすることはできません。

チャージをしておくか、クレジットカードの登録をしておきましょう。

チャージはクレジットカード払いの他、銀行口座振替で行うことができます。

ただし銀行口座振替の場合は振替したい銀行でネットバンキングに登録しておかないといけないので、ネットバンキングを使っていない人は先にネットバンキングに登録しましょう。ただし、Yahoo!ウォレットの支払いを銀行口座振替で登録している場合は、その口座振替登録情報を使いまわすことができます。

 

手っ取り早いのは、クレジットカード払いです。

ただしクレジットカードを登録するとPayPayの残高がなくても自動でクレジット決済されるので、計画的にお金を使いたい人や無駄遣いが気になる人は「歯止め」の意味でクレジット決済は登録しないでおく方が良いかもしれません。

 

JCBは登録できないので注意

PayPayのクレジット決済に当たって注意すべきは、PayPayは現状JCBに対応していないことです。

JCBのカードを登録しようとするとエラーになってしまいます。

VISAかmasterのカードを用意しましょう。

 

PayPayでの支払いは超簡単!

PayPayの支払いを実際にやってみましたが、ものすごく楽でした。おサイフケータイとほとんど変わらないレベルで楽です。

PayPayの決済には2種類あります。お店に用意してあるバーコードをスマホでスキャンする「スキャン支払い」スマホの画面にバーコードを表示してお店側の機械でスキャンする「コード支払い」です。

 

PayPayアプリを立ち上げるとこんな画面が表示されると思います。

表示されていない場合は、左下の「ホーム」をタップします。

コード支払いの場合はアプリ画面にバーコードが表示されているので店員さんにスマホを差し出すだけです。お店側でQRコードでしか読み取ることができない場合は、右下のオレンジ色の「コード支払い」アイコンをタップします。

スキャン支払いの場合は、画面下の「スキャン支払い」アイコンをタップするとスマホのカメラが起動するので、お店に掲示されているQRコードをスキャンしましょう。

いずれの方法でも、スマホアプリホーム画面からワンタップ(運がよければノータップ)+スキャンで決済完了です。時間も数秒で済みます。楽ですね!

ただし残高がないと引っかかるので、前述のようにチャージまたはクレジットカード登録をしておきましょう。

 

PayPayのメリット

私たち消費者にとってのPayPayのメリットは他の電子マネーと同様に小銭を気にせず買い物することができることと、バーコード読み取りなのでおサイフケータイ機能を持ったスマホ機種を選ばされる必要がなくなることです。

後者は意外と影響が大きいかもしれません。「おサイフケータイ機能は外せないから仕方ない、、」と、高価なスマホ機種を買わされる制約がなくなったからです。

 

一方、お店にとってのPayPayのメリットコストをかけずに電子マネー決済を導入することができることです。

特にPayPayはソフトバンクとアリババのつながりを生かして中国でメジャーなAliPayと連携しているため、導入しておけばオリンピックに向けて中国からのインバウンド需要に対応できます。中国ではすでに現金よりも電子マネーの方が一般的な存在になっているのです。

コード支払いの場合はスキャンするための機械をお店で用意しなければなりませんが、スキャン支払いならQRコードを印刷してレジ近辺に貼っておくだけです。

 

このようにお店の負担が少ないので、個人店(特に移動店舗など)ではスキャン支払いが多くなるのではないかと思います。

 

今後の展開予想

最後に今後のPayPayがどう展開されるか予想してみます。

現在の所、PayPayは東京都心の個人事業主が経営する店舗を中心に導入が進んでいるようです。

今後は居酒屋チェーンなど、チェーン店舗を展開する企業への導入が進むと思いますが、主要なチェーン店舗へ導入されきるには1年程度はかかるのではないかと思います。

しかし、今の電子マネーの主戦場はコンビニと自販機であり、これらの販路で使えるようになるかどうかが鍵だと思います。

コンビニではすでにAliPayやOrigami Payなどコードスキャン決済の導入が進んでいるので、PayPayの導入もそれほど時間はかからないかもしれません。

一方、自販機はSuicaの牙城なので簡単にはいかないでしょう。

 

逆に自販機・コンビニが取られてしまうとSuicaの天下が終わってしまいかねません。JR東日本はじめ鉄道各社としては戦々恐々なのではないでしょうか。

おわりに

ソフトバンク系のQRコード決済サービス「PayPay」は使いやすい上、今登録すれば500円もらえるので登録して損はないと思います。

PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!