スマホを買うときはmicroSIMかnanoSIMか確認!間違えるとスマホが使えないかも。。

スポンサーリンク

スマートフォンを選ぶ時の性能チェックではカメラやメモリ容量といった所に目が行きがちですが、忘れてはいけないのがSIMのサイズ。間違えるとせっかく買ったスマホがすぐには使えなくなってしまうかも。。

この記事ではまずMicroSIMやnanoSIMといったSIMのサイズについて説明し、最後に最近のSIMに関するトレンド「DSDS」について紹介します。

スポンサーリンク

SIMとは?

読者代表
読者代表

SIMってスマホを買って最初に挿しこむ小さいチップみたいなカードのことだよね。
そういえばSIMって何の略なの?

SIMはsubscriber identity moduleの略です。

subscriberとはここでは加入者・契約者という意味なので、SIMとは契約者のアイデンティティーのモジュールということになります。

SIMの片面を見ると、ICクレジットカードのICの部分と似ていますね。ここはまさにICでできていて、契約者のアイデンティティーの情報が記録されているのです。

具体的には電話番号や使っている通信会社などの情報が記録されています。

 

ここまで書くと想像できてくると思いますが、スマホにSIMを差し込んでおかないとスマホは電話番号やどの通信会社の電波を使うかが分からないので、通信をすることができないのです。

読者代表
読者代表

SIMカードって入れないと電話できない上に、小さくて外したり挿したりするのが面倒なんだけど。。
なんであんな小さいカードを抜き差しさせられなきゃいけないの?

SIMが取り外して差し替えできるようになっているのは、通信サービスを使う人(契約者)が使っている通信会社を簡単に変更できるようにするためです。

もしSIMを差し替えることができず本体に組み込まれているとすると、通信会社を変えようとしたときにスマホ(端末)本体を買い替えるか、お店に頼まないといけなくなってしまいます。

通信会社を簡単に変えられれば、安いサービスや今までにない便利なサービスを提供する通信会社が出てきた時に楽になりますよね。

SIMカードが小さいのは、スマホ自体のサイズを小さくすることが厳しく求められた結果です。より小さいサイズにより便利な機能を詰め込むことがスマホメーカーの間で競争になっているので、SIMカードのせいでスマホの機能が制限されないようにするためにSIMカードも小さくすることが求められました。

SIMカードサイズの種類

SIMカードのサイズは3種類、いや正確には4種類あります。

  1. 標準SIM
  2. microSIM
  3. nanoSIM
  4. e-SIM

大きい順に記載しました。

読者代表
読者代表

microとnanoって両方とも「小さい」って意味っぽいからどっちが小さいの?と思ってたけど、nanoSIMの方が小さいんだ。

サイズ感はこんな感じです。
五円玉のとなりがnanoSIM、そのとなりがmicroSIM、一番右が標準SIMです。

読者代表
読者代表

e-SIMが写ってないけど、nanoSIMより小さいの?

はい、e-SIMはもはやSIMカードの実体がなく、スマホなど端末の本体に組み込まれているSIMのことです。

2018年秋現在流通している主要なスマホのSIMカードサイズはnanoSIMとmicroSIMが多いです。

SIMカードのサイズに要注意!

注意すべきことはスマホの機種ごとにSIMのサイズも決まっているということです。

SIMカードのサイズは通信会社と契約するときに指定できますが、サイズを間違ってしまうとせっかく買ったスマホがすぐには使えなくなってしまいます。

通信会社と契約する時や、スマホを買う時にはSIMカードのサイズをチェックしておくようにしましょう。

読者代表
読者代表

でも、どのスマホを買うか決める前に通信会社と契約したかったらどうすればいいの?

そんな時は、小は大を兼ねると覚えておきましょう。

nanoSIMのSIMカードをmicroSIMのスマホに差し込みたい場合には、アダプターを使うことができます。

実は上のSIMサイズのサンプル写真の右側二つはnanoSIMカードをmicroSIMや標準SIMの端末に挿すためのアダプターなのです。

アダプターはamazonで200円くらいで売っています。安いですね!

逆にmicroSIMカードを使っていてnanoSIMの機種に買い替えたい場合には、通信会社にSIMカードを再発行してもらわなければなりません。再発行には数千円の手数料がかかってしまいます。

読者代表
読者代表

通信会社との契約ではnanoSIMを選んでおいて、microSIMのスマホを買う時にはアダプタを使うのが一番スマートっていうことね!

SIMトレイ用ピンはあれば便利!ない時はどうする?

iPhoneなど多くのスマホでは、SIMカードを安全に装着するためのトレイがあります。

このトレイをスマホから引き出すためには、トレイについている小さい穴にピンを挿して押さなければなりません。

SIMトレイ用ピンはスマホを買った時に付属品としてついてきますが、小さいので無くしてしまったり、付属品の箱自体がどっか行った。。という人も多いと思います。

そんな時はピンが付いているSIMカードアダプタを買うのもアリですが、文房具のクリップで代用することもできます。

実際にSIMトレイピンの代用として使う時には上の写真のような色付きではなく、普通の銀色のクリップを使う方が塗料が粉になって飛び散る危険がないので良いと思います。

海外に行くことが多いなど、日常生活の中でしばしばSIMカードを抜き差しする必要がある場合はSIMトレイピンつきのSIMカードアダプタを買って持ち歩くのがおすすめです。

DSDSとは?

最後に、DSDSについて紹介しましょう。

DSDSとはdual sim dual stanbyの略で、2枚のSIMカードを同時に使うことができるスマホの機能です。

具体的には、こんな感じです。

読者代表
読者代表

SIMトレイに2つSIMカードを乗せられるってことか。
でも2つ同時にSIMカードを使うことって、、必要性あるの?

あなたの周りに、2台スマホやケータイを持ち歩いている人はいませんか?

会社用とプライベート用とか、通話用とデータ通信用とか、2つの用途に使い分けている人は意外と多くいます。

でも、1台ならそんなに重くないスマホも、2台持ってさらにモバイルバッテリーも持ち歩いたりするとかなり重くなってしまいます。

そんな時にDSDSのスマホがあれば1台で2つの用途に使い分けられるため、持ち歩く荷物の重さを軽くできるから便利なのです。

また、スマホの通信契約は2つの通信会社とうまく組み合わせて契約すれば、毎月の通信料金を安くすることができる場合があります。

賢くお金を節約しつつ便利にスマホを使うためにも、DSDSは役に立つということですね。

おわりに

この記事では、SIMのカードサイズやDSDSといったSIMカードの物理的な側面についていくつか紹介しました。

重要なことは、SIMと言いつつもスマホの機能であることです。

スマホを選ぶときには、SIMカードのサイズやDSDS対応かどうかといった点に気を付けてみましょう。