カードサイズの多機能ケースKableCARDで解決できるモバイルPCの弱点とは?

スポンサーリンク

クレジットカード並みのサイズにケーブル・コネクタ・SIMカード・SIM抜き取りピンを収納でき、USBメモリ・スマホスタンド・ワイヤレス充電器・LEDライトとしても使えるKableCARDというグッズを買ったので使った感想をレビューします。

お出かけに持っていけば小物類の持ち物を減らせるだけでなく、モバイルPCの思わぬ弱点をカバーすることができて大変便利ですよ!

スポンサーリンク

開封の儀

KableCARDの梱包は、CDみたいなサイズ感です。

 

上の写真では照明のLEDが映り込んでて多少見にくいですが、いろいろな機能を持っていることをアイコンでアピールしています。

 

本体を取り出してみます。

思ったよりも小さいです!

縦横のサイズはジャストでクレジットカードサイズです。

厚さは5ミリ以上あるので財布にしまうのは無理ですが、バッグの小さめのポケットにも余裕で入るサイズです。

 

開けて中を見てみます。

30cmのケーブルをはじめ、USB-Aなどのコネクタ、SIM抜差しピンなどが所狭しと収納されているのが分かります。

 

それでは、収納ケース以外の使い道を一通り試してみます。

スマホ/タブレットスタンド

KableCARDには小さな置台になるタブが付いており、スマホスタンド/タブレットスタンドとして使うことができます。

手持ちのiPhone7を立ててみました。

旅先の枕元でYouTubeなどを見たり、新幹線などの座席前のテーブルの置くのによさそうです。

Nexus7(2013)を置くこともできましたが、KableCARDがやはり小さいのと強度がちょっと不安なので移動中はちょっと難しいと思います。

USBメモリ

KableCARDに別売りのMicroSDカードを挿すことによって、USBメモリ代わりに使うことができます。

手持ちのMicroSDXCカード(64GB)を挿入してみます。MicroSDカードを挿すときには、KableCARDからケーブルを取り外す必要があります。

KableCardにはケーブル端子をしまう場所が真ん中下の左右にありますが、このうち左側はUSB-C端子を指して電源供給とUSB2.0でのデータ伝送ができるようになっています。

MicroSDカードを挿入した状態で左側のUSB-C端子にケーブルを挿し、ケーブルのもう片方にUSB-Aコネクタを挿して手持ちのPC(GPD Pocket2)に接続してみました。

ちゃんとSDXCカードとして認識されました!

これならもうUSBメモリを持ち歩く必要はなくなりますね!

ワイヤレス充電器

KableCARDに別売りのモバイルバッテリーや電源を接続すれば、ワイヤレス充電器としてQi対応の端末を充電することができます。

私の手持ちスマホはiPhone7で、ワイヤレス充電は無理。。

と思いきや、Webマンガ閲覧用に使っているNexus7(2013)がワイヤレス充電に対応していることを思い出しました。

 

KableCARDのUSB-C端子にケーブルを挿して、もう片方をモバイルバッテリーに接続します。

KableCARDはケーブルを接続したままで閉じてカード状にして使えるので、コンパクトで便利です。

この状態で、KableCARDのロゴの上にNexus7(2013)のQi部分を乗せてみると、、

電池アイコンが充電状態になりました!

iPhone8以降などのワイヤレス充電機能のあるスマホを持っている方にとって、便利な機能だと思います。

LEDライト

KableCARDにモバイルバッテリーや電源を接続した状態で内部真ん中あたりにあるスイッチを操作すると、LEDライトが点灯します。

LEDライトは照度を2段階に切り替えることができ、かなり明るいです。説明書にLEDライトを直接見ないで下さいと注意書きがあるほどで、確かに直接見るとかなり眩しいです。

LEDライトの色は白色ではなく電球の光の色となっていて、間接照明として使うことが推奨されています。

上の写真は2段階のうち暗い方の照度にしていますが、それでも眩しいほどの明るさがあることが分かるでしょう。

 

キーボードバックライトのないPCのお供に大活躍

このLED間接照明機能は、GPD Pocket2のようなキーボードバックライトを装備していないモバイルPCを暗い場所で使う時に大活躍します。

KableCARDはPCからの電源供給でもLEDライトを光らせることができるので、こんな感じでキーボードを照らすことができるのです。

GPD Pocket2やOne Netbook One Mix 2Sなどキーボードバックライトが装備されていないモバイルPCは暗い場所で使いづらいのが弱点でしたが、KableCARDと組み合わせればその弱点を補うことができます。

もちろんLEDを光らせながらMicroSDXCカードを読むことができますし、KableCARDからのMicroSDカードの抜き差しは難しくないので、昼に写真を撮りまくった後で夜に写真を整理したりクラウドへアップロードしたりする作業が楽にコンパクトにできるのでおすすめです。

おわりに

カード型PC/通信周りの多機能小物ケース、KableCARD。

旅先の荷物を小さくまとめるのに大活躍間違いなしです!

色は黒白2色から選べますよ!

 

買う時にはMicroSDXCカードも一緒に注文しましょう。

 

GPD Pocket2とのセットで、旅先で大活躍しますよ!

★GPD Pocket2関連の記事をまとめました★
GPD Pocket2まとめ!【7インチサイズのウルトラモバイルPC】
タイトルとURLをコピーしました