GPD Pocket2とOne Netbook One Mix 2Sを比較!どちらを買うべきか?

スポンサーリンク

この記事では、人気のUMPC「GPD Pocket2」と「One Netbook One Mix 2S」とでどちらを買えばよいか考えます。

スペックの比較だけでなく、実用性を考えてそれぞれの機種に最適な使い道を提案しています!

スポンサーリンク

スペックの比較

GPD Pocket2とOne Netbook One Mix 2Sはいずれも7インチサイズの超小型PCです。

スペックを見るにはやっぱりAmazonの販売ページが一番です。それぞれどうぞ!

 

GPD Pocket2の良いところ

技適に対応している

日本のユーザーにとってGPD Pocket2の良いところは、何と言っても技適に対応していることです。

One Netbook One Mix 2Sは本体に技適マークがないとのことです。技適を取得していない製品は、法律上日本で使うことはできないことになっています。

技適とは何なのか?自分でスマホを選ぶなら知っておきたい知識です!
(技適マーク画像を総務省HPよりお借りしました) 技適という言葉を聞いたことがあるでしょうか? スマホやガジェットに興味のある方なら「ああ、技適ね」と半ば常識に近い感じでご存知かもしれませんが、一般人にとってはなじみがない言葉か...

このため、日本でOne Netbook One Mix 2Sを使っているところをSNSなどネットで公開すると、法律を犯していることを公にしていることになってしまいます。

One Netbook One Mix 2Sを日本で使うつもりなら、自己責任で買いましょう。

幅広く充電機器を選べる

GPD Pocket2は電源周りの性能に力を入れていて多くの電源機器に柔軟に対応しているので、持ち運びの際に欲しくなるモバイルバッテリーや充電器に軽いものを選ぶことができます。

GPD Pocket2自身の1回満充電分に加えて一般的なスマホの満充電分までカバーできる10000mAhの容量を持ち、GPD Pocket2の機能を生かせるPD対応で軽いものを探すと、200グラム程度のモバイルバッテリーを見つけることができます。

対してOne Mix 2Sでは充電できるモバイルバッテリーや充電器がかなり限られてしまいます。

OneMix 2/2Sを充電できるモバイルバッテリ「Omars 10000mAh 30W」レビュー
先日紹介したOne-NetbookのOneMis 2。動作も快適なので、外に持ちだして使いたいところだが、不安…

あまたあるPCの中からUMPCを選ぶ大きな理由は「軽いこと」。なのに、モバイルバッテリーに重いものしか選べなければ魅力が半減してしまいます。

USBポートが両側に付いている

GPD Pocket2だけの利点として、右側だけではなく左側にもUSB-Aポートが付いていることがあります。

充電中にUSBメモリを抜差ししたいとか、ちょっとした時に「左側のポートがあって良かった」と思う時があります。

One Netbook One Mix 2Sの良いところ

ストレージ容量が大きく、SSDで動作が早い

CPU(Core M3-8100Y)やメモリ(8GB)といったOne Netbook One Mix 2SとGPD Pocket2の基本スペックは同じですが、ストレージは明らかにOne Netbook One Mix 2Sのほうが勝っています

One Netbook One Mix 2SのストレージはSSDで256GBです。eMMCとSSDでは明らかにSSDの方が体感速度レベルで勝っています。例えば、ブログを書いていて作って保存しておいた画像をアップロードするために選択しようとする時にはやっぱりeMMCだとワンテンポ遅く、正直少し不満が溜まります(少しですが。。)。

また、128GBの容量の余裕は心の余裕につながります。

対して、GPD Pocket2のストレージはeMMCで128GB。この容量ではアプリケーションを多くインストールしようとすると心もとないかもしれません。

指紋認証でログインが楽

One Netbook One Mix 2Sを普段使いするのに強力な武器となる長所は指紋認証です。

Windows Helloを使った指紋認証にデフォルトで対応しているので、買って最初に電源を入れたときのチュートリアルで指紋を登録すれば、あとはパスワードやPINを入力しなくても触れるだけで使うことができて大変便利です。

画面出力専用端子が付いている

GPD Pocket2では、初代GPD Pocketに付いていたmicroHDMI端子が廃止されてしまいました。

7インチサイズの画面は家や会社で使うにはやはり小さすぎると感じる場面は多いので、両機種ともディスプレイをつないで使うことが多くなります。

USB-Cで画面出力することはできますが、充電にもHDMI出力にも対応していてGPD Pocket2と相性の良いUSB-Cハブを探すのは意外と難しいです。

私はGPD Pocket2でUSB-Cハブを使って充電・画面出力・有線LAN接続をしていますが、電源を入れる前に充電・HDMI・有線LANをいったん抜いておいて、電源が入ってからつないで認識させてやらないと使うことができません。つなぎっぱなしで電源を入れると、充電されず、出力先の画面には映らず、ネットがつながらないのです。持ち出さずに家で何日か使おうとするときにはかなり不便です。

そうなると、家の中で場所を取らないPCとして使うことが多い場合は、ディスプレイ専用端子が残されているOne Netbook One Mix 2Sの方が有利です。

YOGAスタイルと筆圧検知

One Netbook One Mix2にできてGPD Pocket2にできないこととして、画面とキーボードを360度開くことができるYOGAスタイルと、別売りのペンで2048段階の筆圧検知ができることが挙げられます。

ただ、これらの機能は使う人を選ぶように思います。

絵心のある人をはじめ、手で何かを書くスキルを持っている人でない限り、そこまで使わないのではないでしょうか?

またYOGAスタイルも、画面とキーボード部をつなぐヒンジ部を頻繁に動かしすぎると強度に不安がありそうですし、開閉するために触ると指紋でべたべたになりそうで、普段使いで多用するには勇気が要りそうに思います。

YOGAスタイルや筆圧検知を望んでOne Netbook One Mix 2Sを選ぼうとしている人は、一度立ち止まって「本当に自分の使い道にとってその機能は必要なのか?」考えてみることをおすすめします。

どちらもマウス操作が弱点。でも解決策あり!

最後にGPD Pocket2もOne Netbook One Mix2どちらも不得意な点として、マウス操作をしにくいことが挙げられます。

両機種とも光学式ポインティングデバイスの操作性がよくありません。

GPD Pocket2の光学式ポインティングデバイスはキーボードの奥のほうにある上に押し心地が硬すぎて、素早いクリック操作ができません。

One Netbook One Mix2の光学式ポインティングデバイスは押し込むタイプではないので軽い力で操作できるのですが、触れただけでクリックされるために「マウスカーソルを動かすつもりで触れたのに意図せずクリックされてしまうこと」が多発します。

7型UMPCのポインティングデバイスでベストだったのはやはり初代GPD Pocketで、ThinkPadで使い慣れた操作性そのままに使えました。しかし初代GPD Pocketも左右マウスボタンの押し心地が「ふにゃっ」とし過ぎていて、クリック感がないという欠点があります。

これらのUMPCに関するマウスの悩みを解決するにはどうするか?

答えは簡単、小さいパソコンには小さいマウスです。

マウスで作業するすべての人におすすめしたいSwiftpoint GT
  この記事では、Swiftpoint GTという無線マウスを紹介します。 少々(かなり?)お値段は張りますが、とにかく使っていて疲れることがないので超おすすめです!Swiftpoint GTを使う利点はほかにもあるので、ぜひ記事を...

Swiftpoint GTというミニサイズマウスは持ち運びやすい小さなキャリングケース付き。

小さいマウスって操作しにくいのでは?という固定観念を吹っ飛ばす使いやすさです。

GPD Pocket2とOne Netbook One Mix 2Sどちらを選ぶにしても、お供としてSwiftPoint GTはおすすめです!

両機種おすすめの使い道

以上、GPD Pocket2とOne Netbook One Mix 2Sの長所を紹介してきました。

GPD Pocket2は持ち運んで使うにあたってモバイルバッテリーや充電器を幅広く選ぶことができることが何と言っても大きいです。

このため、GPD Pocket2はアクティブに持ち歩いてPCを使いたい人にとって有利です。

これに対して、One Netbook One Mix 2Sはストレージ系の基本性能・指紋認証・画面出力端子がメリットなので、家で場所を取らないPCとしてディスプレイにつないでできるだけストレスなく使いたい人にとって有利です。

 

おわりに

UMPCを買いたい人が気になるGPD Pocket2とOne Netbook One Mix 2Sどちらが良いか?という問いには、アクティブ派のGPD Pocket2、家で使う派のOne Mix 2Sという結論となりました。

どちらにも長所があるので、自分がどう使いたいかで考えてみましょう。

 

どちらを買うにしても、ミニサイズマウスSwiftpoint GTは一緒に買って損はないですよ!

 

★GPD Pocket2関連の記事をまとめました★
GPD Pocket2まとめ!【7インチサイズのウルトラモバイルPC】