人物イラストを無料で簡単に作れる方法を紹介します。絵心がなくてもOK!

スポンサーリンク

2018年、ついに絵心がなくても、素材サイトに頼らなくても、きれいな人物イラストを作ることができるようになりました。しかも無料です!

この記事では絵心がなくてもきれいな人物イラストを無料で簡単に作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

情報発信に欠かせないイラスト

ブログやサイトで情報発信しようとする多くの人にとって、画像は悩みの種でした。

いくら文章で伝えたいことを力説しても、強調しようとして文字の大きさを大きくしたり文字を揺らしたりしても、しょせん文字ばかりのページではインパクトに欠けてしまいます。

そこで画像を探すことになりますが、有料の画像サイトや絵師さんへの発注は一般人にとっては高価すぎますし、無料の画像サイトは数が限られています。

結局多くのブログやサイトがいらすとやさん茜さやさん河村友歌さん大川竜弥さんに占領されてしまうのが2017年までの現実でした。

オリジナル肖像画を作れるMakeGirlsMoe

そんなイラストマンネリ地獄ともいうべき状況に、MakeGirlsMoeという一筋の光明が現れました。

AI技術を身近に楽しむことのできる美少女(&イケメン)画像量産ツール、MakeGirlsMoe。2017年8月に公開されて以来着実に機能追加や改良が進められており、非常に進化...

MakeGirlsMoeはAIの力で、画力を持っていない人でもパラメータ調整だけで女性の肖像画を無料で自由にいくらでも作れるようにしてくれました。

ブログではこのような吹き出しを使えば「文字だらけ感」をある程度緩和することができるので、肖像画イラストを活用することができます。

ただ、MakeGirlsMoeで作ることができるのは256×256ピクセルの肖像画だけです。

 

↑こんな感じで画面全体で訴えかけられるような画像は、依然として画像素材サイトに頼らなければなりませんでした。

 

読者代表
読者代表

もっと大きいサイズのイラストや全身画像を自由に作れれば、表現の幅が大きく広がるのに。。

絵心のない私たちは、そんな不満を抱えながらサイト運営を続けてきました。

VTuber作成アプリで全身画像を作れるようになった

一方、2017年暮れごろからバーチャルYouTuber(VTuber)が一大ムーブメントとなり、たくさんのVTuberが登場してきています。

そんな中、簡単にVTuberを作ることができるアプリやサービスが多く登場してきました。

↓カスタムキャスト

dwango×S-court共同開発! 直感的なUIで容姿をカスタマイズし理想のVTuberに! フェイスタイプ、ヘアタイプ、ボディ、コスチュームまで自由自在 !

↓Vカツ

世界初の Vtuber支援サービス 「Vカツ」の紹介ページです。

 

これらはすべて無料で自分だけのVTuberを自由に作って配信することができます。

VTuberは映像でいろいろな表現をする必要があるので、

もちろん、全身画像からドアップまで大きさも自由自在です。

重要なことは、これらのアプリで作ったVTuberはスマホやPCのスクリーンショット機能で撮るだけでイラストとして十分に通用するクオリティを持った画像を生成できるということです。

Twitterではカスタムキャストを使った多くのキャラが投稿されていますが、多くはハイクオリティなスチル画像です。

#カスタムキャストに関連する最新のツイートです。みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

言い換えれば、今やこのようなクオリティの高い人物画像を絵心がなくてもスマホやPCで簡単に無料でいくらでも作ることができるようになったのです。

VTuber作成アプリは、人物イラスト作成アプリでもあるということです。

 

VTuber作成アプリで人物イラストを作ってPowerPointで吹き出しと並べれば、このようなインパクトのあるメッセージイラストを簡単に作ることができますよ!

サイト運営者としては、無料でお手軽な人物イラスト作成アプリを導入しない手はないでしょう!

↑この画像やこのページの冒頭の画像は、カスタムキャストで作成したものです。

もちろん無料で、初めての人でも数時間あればこのようなクオリティの高い画像を作成することができます。

イラスト作成アプリとしてのカスタムキャストとVカツ

カスタムキャストの他にVカツも試してみましたが、それぞれ得意なところが異なります。

カスタムキャスト

上のイラストを見てもらうと分かると思いますが、カスタムキャストはとにかく絵のクオリティが高いです。

また、スマホアプリであるためキャラを作る画面の操作はしやすいです。

その代わり、まだアプリが配信されたばかり(2018年10月3日配信開始)なのでコスチュームの種類がメイド・学生服・アイドル衣装に偏っていることと、配信画面ではスマホアプリであることの制約が出てしまって操作が少々しづらく、口を開けた画像をゲットするのすら大変だったりと改善が待たれる点もいくつかあります。

Vカツ

VカツはPCアプリですが重くはなく、GPD Pocketでも普通に動きます。

また、パラメータ設定で口を開けたり表情を変えたりいろいろなポーズをとることができるので、PrintScreenで落ち着いていろいろなポーズや表情の画像を撮ることができます。

しかし画像のクオリティはカスタムキャストよりはやや低く感じます。とは言っても、絵心のない素人には到底描けないレベルの絵を普通に作ることはできます。

また、カスタマイズできる項目が多いのは良いのですが多すぎて今一つ分かりにくい印象です。

 

このように一長一短ありますが、VTuber作成アプリはまだ世に出てきて数か月しかたっておらず、まだまだ伸びしろはいくらでもあります。

今後切磋琢磨して、さらにバラエティに富んだクオリティの高い画像を簡単に作れるようになってほしいと切に願います。

おわりに

カスタムキャストやVカツなどのVTuber作成アプリを使えば、無料で簡単に人物イラストを自由に作ることができます。

みなさんもVTuverアプリを使ってみてくださいね!