【AirPods】Siriや音声コントロールが勝手に起動する場合の対処法

スポンサーリンク

iPhoneでAirPodsを装着して音楽を聴きながら急に走ったり体を動かすと、呼んでもいないのにSiriが勝手に出てきたり音声コントロールが勝手に起動したりして音楽が止まってしまうことがあります。

この記事では、この事象に対処する方法を紹介します!

スポンサーリンク

Siriが勝手に起動する。。

加恋
加恋

AirPodsで音楽を聴いてたら急に音楽が止まってSiriが起動しちゃって困ってます~。。

Siriは使うことないんだけど、何とかならないですかね~?

iPhone8以前の機種ではホームボタンを長押しするとSiriが起動するようになっています。

iPhoneX以降のホームボタンがない機種では、サイドボタン(スリープボタン)を長押しすると同様にSiriが起動します。

AirPodsに接続しているiPhoneをカバンやポケットに入れていて、動いたときにボタンが押された状態になってしまっているのかもしれません。

Siriを使わない場合は、そもそもSiriを使わない設定にすればSiriが起動することは防ぐことができます。

iPhone で音声コントロールを無効にする
iPhone、iPad、iPod touch で、音声コントロールや Siri について、サイドボタンやホームボタンの設定を調整する方法について説明します。

Siriも音声コントロールも封印したのに。。

加恋
加恋

Siriも音声コントロールも使わない設定にしたのに、AirPodsでまだ勝手に音声コントロールが起動しちゃうんですが。。
せっかくいい気分で音楽聞いてるのに。。

上記の対策を取ってもなお、AirPodsでは音声コントロールが勝手に起動することがあります。

音声コントロールが起動してしまうときって、何か共通することがありませんか?

加恋
加恋

そう言われてみると、急に立ち上がったり走ったりしたときが多いような気がしますね。。

そうです。AirPodsを装着したまま急に体を動かしたときに音声コントロールが起動するのです。

AirPodsには、AirPods自体をダブルタップしたときに次の曲や一時停止などの操作ができる機能があり、急に体を動かすとこの機能が作動してしまうことがあります。

この機能のデフォルトがSiriになっているのです。

 

そうと分かれば、その機能をOFFにしてしまいましょう!

AirPodsでSiri・音声コントロールをオフにする方法

1.まず、AirPodsを耳にはめて起動します。

2.AirPodsが起動した状態で、設定 → Bluetooth → AirPodsの右のインフォアイコン(i)をタップします。

すると、このような設定画面が現れます。

3.上の画面が出たら「AIRPODをダブルタップ」を左右とも「Siri」から「オフ」へ変更します。

この画面はAirPodsを起動している状態でないと現れないのがミソです。注意しましょう。

おわりに

加恋
加恋

これで気持ちよく音楽が聴けますね~!

良かったですね。

ただ、AirPodsで耳をふさいでいるときに急な行動をするということはそもそも危険を伴う状況が多いと考えられます。

周囲の状況には十分注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました