AirPodsの音をよくするアタッチメント「Purest」レビュー

スポンサーリンク

この記事では、AirPodsなどAppleのイヤホンを使っている方向けに、Purestというアタッチメントを紹介します。

耳から落ちないように固定するだけでなく音質もよくなるので、条件が合えばおすすめですよ!

スポンサーリンク

発売から2年経ってもAirPodsは超売れ筋

AirPodsは2016年の12月に発売されたので2019年1月時点では2年以上経過していますが、いまだにワイヤレスイヤホンで根強い人気を誇っています。

価格ドットコムでは2019年1月9日時点で売れ筋トップです。

Amazonでは安い製品に押されてきていますが、それでも一線級の売れ筋商品でありつづけています。

何故1万7千円以上するイヤホンがこんなに売れ続けているのか?

その秘密は
1.iPhoneとの接続の手軽さ
2.ワイヤレスイヤホンの持ち運び・充電に革命をもたらしたマグネットギミックでスルンと収まるケース
と思います。

詳しくはこの記事を見てくださいね。

AirPodsレビュー!iPhoneやApple Watchとの連携や充電が本当に便利ですよ!
この記事では、Apple渾身作のワイヤレスイヤホンAirPodsの良さを紹介します! AirPodsは2016年の暮れに発売されました。それから1年近く経ってやっと注文から入手まで数日で済むようになってきましたが、2017年半ばくらいまで...

AirPodsの弱点を完璧にカバーするPurest

そんなAirPodsにも弱点はあります。

上記の記事にも書きましたが、値段のほか
1.耳から滑り落ちてしまいそうで不安
2.音質が軽すぎて低音が薄い
が大きな弱点です。

従来、1.の滑り落ち不安に対してはイヤホンにスタビライザーと言われるアタッチメントをかぶせることで解決してきました。

しかし音質はいかんともしがたく、、

だったのですが、今回、音質を良くする機能も持ったスタビライザーが出てきました。

それがこの記事で紹介するアタッチメント「Purest」なのです。

Purestは価格も2500円と安いため、気軽にぽちれるでしょう。

AirPodsの弱点をつぶせる存在、Purest。

衝動買いして一通り使ってみました。

開封の儀~使用準備

Purestの梱包はこんな感じ。軽いです。
大きさ比較のためにAirPodsケースも一緒に写しています。

同梱品は説明書のみ。

アタッチメントをAirPodsに装着していきます。

装着はこんな感じでかぶせていきますが、するっとは収まってくれず、両手でやっても結構時間がかかります。

かぶせ終わりました。このように、両耳に2つずつあるセンサーの黒丸が露出するようにかぶせなければなりません。

 

Purestレビュー

では、Purestを装着したAirPodsで音楽を聴いてみます。

。。おお!確かに音がよくなってる!

アタッチメントの構造のおかげで、AirPodsから発せられた音が耳の穴の奥へまっすぐ飛ぶように矯正されるため、低音がちゃんと強調され、中高音もよりはっきりと大きく聞こえるようになりました!

また、装着時にフィット感(耳栓感)があるため、周りの余計な音が聞こえなくなって耳が音楽に集中できるようになったと感じました。

Purestをつけない時と比べて、音量を2目盛りくらい下げても同じくらいの体感音量で聞こえるようになりました。

また、アタッチメントの構造がスタビライザー(耳からずり落ちるのを止める働き)を兼ねているため、走ったりしたらAirPodsが耳から落ちちゃうかも。。という不安も和らぎました

Purestの弱点

よく聴こえるし、耳から落ちなさそうだし、これは良い買い物をした。。

と思いながらひとしきり音楽を聴いた後。

いつものように、充電ケースに収納しようとしました。

蓋が閉まりません。

 

Purestをいちいち外さないと充電もできず、持ち運びもできないということですね。。

Purestを外すのは装着と比べると格段に楽ですが、次にまた聴きたいときに苦労して装着しなければならないのかと思うとかなり嫌になります。。

こまめに充電したり聴いたりを気軽に繰り返せるのがAirPodsの強みなのに。。

また、AirPodsから外したPurestはAirPodsケースに収納できないため、別の小物入れに収納する癖をつけておかないとすぐになくしてしまいます。

仕方なく、私はSwiftpoint GTのケースを定位置にすることにしました。

が、Purestは、脱着の面倒さからおそらく1時間以上まとまってAirPodsを使う場面でないと使う気にならないと思います。新幹線や高速バスに乗る時くらいでしょうか。。

また、トレーニングジムのルームランナーなどで運動するときに使うのはおすすめ用途だと思います。

おわりに

AirPodsなどAppleのイヤホン用のアタッチメント、Purest。

安い値段の割には音質は良くなり、フィット感も増し、耳からの脱落不安も軽減できます。

しかしAirPodsで使う場合は充電ケースに入れられないためいちいち脱着しなければならず、その点はかなり不便に感じました。

ただしトレーニングや旅行のお伴には良いと思いますので、ポチってみてください。