私の冬うつ症状と解消法

冬になると気分が落ち込む、冬うつ。英語ではウィンターブルーと呼ばれているそうです。

私は毎年2月上旬ごろにこの冬うつに悩まされます。

この記事では、冬うつに悩む方々の参考にしてもらうべく、私の冬うつ症状と私なりの対処法を書きます。

スポンサーリンク

私の冬うつ症状

発生時期

冬うつについて記載しているWeb記事の多くでは、冬うつは10~11月に発症して2~3月に収まる症例が多いとのことですが、私の場合は大体2月上旬に発生します。

年によっては発生しないこともありますが、ひどい場合は2月上旬から3月中盤くらいまで「心の超低空飛行」が続きます。辛いです。。

客観的症状

症状としては多くのWeb記事で記載されている通りですが、下記のような感じです。

  1. 慢性的な抑うつ感。気分の落ち込みがずーっと続き、職場の上司や同僚との正常なコミュニケーションが危ないレベルに陥る
  2. 睡眠欲の増加。とにかく眠りたい。一日14時間くらい寝るのは普通。仕事中は嫌な事が頭をぐるぐる駆け巡るのだが、家でものすごく寝ているので仕事中に眠くなることはない。
  3. 食欲の増加。私はストレスによるうつも経験したことがありますが、ストレスによるうつでは食欲が全くなくなるのに対して冬うつの場合はとにかく食欲が増します。暖かい時期にはダイエットによる食事制限が我慢できる所が、我慢できなくなります。

主観的症状

客観的症状を書くだけでは普通のWeb記事と変わらないので、当事者の一人として冬うつというのは一体どんな気分になるのか書きます。

まず朝目が覚めると、今日も一日嫌な気分のまま過ごすのか。。という不快と不安が入り混じった嫌な気分になります。

しかし仕事に行かないと生活できないので、不快と不安を抱えながら支度をして会社へ行きます。

会社では業務用必要な会話・電話・打ち合わせは普通にこなせるのですが、デスクワークをしているとまた不快と不安が入り混じった気持ちに支配され、酷い場合は数十秒の間PCを操作する手が止まります。また、溜め息が異常に多くなります。

これは、私のストレスのもとの一つに「自分って会社にとって必要ない人材なんじゃね?」という思いがあるため、仕事上他の人から頼られたりするとかえって私の気分的には快方へ向かうという精神構造があるためです。

なので、一番精神的にこたえるのは自分がやるべき仕事を上司に代わりにやられてしまうようなことが起こった時になります。普通は自分がやらずに済んだ!と喜ぶべきところなのでしょうが、「ああ、自分はいなくてもこの仕事は回るんだ。。自分は居る価値ないんだ。。」となってしまうわけです。

というような不安と不快とショックの連続に満ちた会社業務を終えて家に帰るのですが、途中で無性に食べものが欲しくなってスーパーに立ち寄り、大量に買って帰ります。

帰ると買った食べ物を平らげ、さらにデザートが欲しくなって冷蔵庫や冷凍庫を漁って家族のひんしゅくを買います。

食欲が何とか満たされたらまただんだんと不安と不快が頭を支配してきて、「寝ている間は嫌な気分にならないで済むから寝よう」と考えて、即寝ます。

まとめると、仕事の効率はさほど落ちないので退社時間が遅くなるようなことはなく、帰ると即飯を食って即就寝。他の事は何もしない。。という生活になります。

平日でも1日平均10時間は寝るので、途中で何回か目が覚めます。そのたびにまた眠るように努めるのですが、睡眠時間が必要以上に長くなるとはっきりとした夢を見るようになります。夢の内容によっては目が覚めた時に枕もとのスマホを起動して夢占いサイトを確かめに行き、不吉な夢だとまた不安な気分になってなんとか眠りの世界へ行こうと努力する。。

というような感じです。

書いていて自分で自分が嫌になります。。

私なりの解決法

私も嫌な気分でいるのは嫌なので、なんとかして解決すべく色々なWebサイトを見漁り、自分にできそうな解決方法を試しました。

食べ物

食欲は異常にあるので、Webで冬うつに効果があるとされる食物を選ぶことにしています。

バナナ、豆乳や豆腐、青魚(カツオのたたきなど)、レバーなどを積極的に摂取しています。

日光を見る

多くのWebサイトでは、冬うつの原因は日照時間が短いことなので、日光など明るい光に当たることに努めましょう!と勧められています。

私は内勤で平日の昼間は日光浴ができないので、休日にはできるだけ外に出て光を浴びるようにしています。

また、自分の部屋を東向きの部屋にしてもらい、朝はできるだけ日の光で起きるようにしています。

ストレスコーピング

私の場合気分が落ち込む直接のきっかけはストレスなので、ストレッサーに遭っても出来るだけ気にしないようにすることと、ストレスが解消するようなことには積極的に参加するようにしています。

上に書いた私の場合で言えば、上司には自分の仕事は自分でさせてくれとお願いしたり、新しいプロジェクトなどがあったら積極的に参加するようにしています。

おわりに

今年の私の冬うつは2月初頭に発症しましたが、先週だんだんおさまってきて、今はほぼ完治していると思います(治っていなければブログに書けません)。

私の場合はストレスコーピングがぶっちゃけ一番効いた実感があります。具体的には、上司の上司から私の得意な分野の突発的な仕事を振ってもらってやり遂げることができたことでかなり良くなりました。

とは言え、そもそも自分の気分が他人の行動によって左右されるというのは「精神的に自立できていない」状態以外の何物でもありません。

そんな状況から脱せるように、自分を強くしていきたいと思います。

と自分に言い聞かせ続けて早20年。。まるで成長していない。。

また気分が落ち込んできました。。

食べて寝ようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大