カラオケに入ってほしいボカロ曲(2017/12/4)

JOYSOUNDでもDAMでも配信されていないけどカラオケで歌いたい!この記事ではそんなボーカロイド曲を紹介します。

スポンサーリンク

紹介しようと思ったきっかけ

niconicoプレミアム会員サービスに失望

私は、聴きたいボーカロイド曲をニコニコ動画のマイリストに保存しています。
ニコニコプレミアム会員でない無料ユーザーは「とりあえずマイリスト」と「その他のマイリスト」とそれぞれ100曲ずつ、計200曲しかマイリストを使うことができません。
そのため、月540円払ってプレミアム会員に登録してマイリスト登録数を拡張するかどうか悩んでいました。

そんな折、2017年11月28日にniconico(く)発表の記者会見がありましたが、いかにも小手先っぽい新サービスがたくさん発表される一方で基本的な映像・音声・通信の品質にかかわるサービス性能には触れられることがなく、大きな非難を浴びました。

新バージョン発表に失望「ニコ動」オワコン化に拍車
(C)niconico11月28日にドワンゴが動画サービス『niconico』の新バージョン『く(クレッシェンド)』を東京都内の会場で発表した。ところが、ユーザーの期待に応えるも...

これに対処してniconico運営は映像の画質を上げる約束をしました。

「niconico」最大画質引き上げへ 「く」批判受け、川上会長が謝罪
ドワンゴが「niconico」の動画・生放送の最大画質を引き上げると発表。新バージョン「く」の機能への批判を受け、基本機能を見直す。

私がこの騒動で注目していたのは通信の品質でした。niconico動画は基本的にYouTubeとくらべてとにかく通信が途切れやすいんです。
niconico運営の宣伝文句としてはプレミアム会員は専用回線で動画の読み込みが早くなるとのことですが、ユーザーの声の中には「プレミアム会員でも通信が途切れることがある」というものもありました。

そして今回のniconico運営の品質向上宣言でも、通信の品質向上については触れられないままでした。。

かくして私はプレミアム会員登録をしない踏ん切りがつき、100曲+100曲の枠の中でなんとか回すことにしたのです。

マイリスから外すには惜しい曲たち

最近のボカロ界は再び活況を呈していて、毎日のように有力な新曲が発表され続けています。

新しい曲をどんどんマイリス登録していくのですが、100曲だと到底足りません。。

そこで今回マイリス整理のために、カラオケ配信されない曲をマイリスから泣く泣く外すことにしました。

しかし本来私はカラオケで歌うためにボカロ曲を聴いているのですが、カラオケに入っていないにもかかわらずマイリスに入れて聴いてきた曲は、その本来の目的(カラオケ)から外れてまでも心に残るほど心に響いた曲でもあります。

そこでマイリスから外した曲をブログ記事として紹介させて頂き、マイリスから外したことの罪滅ぼしとともに、微力でもカラオケ配信されるために力になれればと思います。

カラオケで歌いたいボカロ曲

Cyber drug / 修造 feat. 波音リツ

波音リツというどう頑張ってもメジャーとは言えないUTAUの数少ない隠れた超名曲です。
イントロからしてすでに超盛り上がり、Aメロの最初から最高音をぶっ放す興奮のボーカル。超ハイテンションのままサビへ突入。サビも最後まで萎えることなくハイテンションぶっ通しです。
まさに「Cyber drug」の名にふさわしい、アドレナリン分泌しまくりの曲だと思います。
加えて大事なのが、いかにもボカロ曲っぽくも歌いやすそうで忘れにくいメロディーと歌詞。この曲は完璧です。。ああカラオケで歌いたい!!
なんだか画面の感じがOmoiさんの「テオ」に似ていますが、こちらの方が3年近くも早いです。

ナポナポリターンマッチ / ふわふわシナモン feat.初音ミク

OSTER_projectとして「ゴシック」などの名曲を発表してきたボカロP、ふわふわシナモンさん。
そんなふわふわシナモンさんが2017年初めに開催されたニコニコ超会議2017のカゴメ株式会社企画で発表された曲です。
「ナポリたん」というスパゲティナポリタンの擬人化キャラクターの公式ソング候補でしたが、Web投票の結果和田たけあき(くらげP)さんの「エヌ」に敗れる結果となりました。
しかし私は「ナポナポリターンマッチ」の方が好みです。「ナポリタンとはどういうものか?」っていう説明がちゃんと歌詞に入っているじゃないですか。っていうか、「ナポナポリターンマッチ」のようなノリノリながらもホンワカした曲も大好きなんです。
「エヌ」も良い曲だと思いますが、両曲ともカラオケで配信されていません。大変残念です。

マニック / *Luna feat.音街ウナ & Rana

Ranaはヤマハ公式のボーカロイドですが、もともとは小学館の雑誌のコンテンツだったとのことです。雑誌の企画終了後に、ヤマハからボーカロイドとして発売されたようです。
Ranaも音街ウナと同様に年齢の低めなボーカロイドなのですが、この曲はそんなウナRanaにしてはちょっと大人なかっこよい歌を歌わせています。ちょっと背伸びした感じが良いですね。
こういう曲は本当にかっこいい大人の女性やイケメンが歌うと化けます。下の歌い手さんによる音源を聴いてみると分かると思います。

ぜひともカラオケで自分でも歌ってみたいものです。

レグルス / Sou×ナユタン星人

有名歌い手のSouさんがナユタン星人さんと組んだ作品で、2017年9月27日に発売された「ナユタン星人×Sou」コラボアルバム『ナユタン星への快爽列車』の収録曲です。
「爽快に」がキャッチフレーズのSouさんと覚えやすいメロディーのナユタン星人さんの良いところが合わさった、とてもさわやかな歌に仕上がっています。
ニコニコ動画で発表されて最初に聴いた時から「あっこれカラオケで歌いたい!!」と思っていたのですが、いまだ配信されず。。

天国と地獄 / れるりり feat.初音ミク&GUMI

2012~2013年に「脳漿炸裂ガール」の大ヒットを飛ばしてボカロ界に歴史を刻んだボカロP、れるりりさん。2017年にセガの音ゲーとのコラボ「言の葉プロジェクト」でれるりりさんが提供した曲がこの「天国と地獄」です。

言ノ葉とは?|【言ノ葉プロジェクト】セガ音ゲー×人気クリエーター
セガの音ゲーから誕生した『言ノ葉プロジェクト』!様々なアーティストとコラボして贈る新プロジェクト!言ノ葉プロジェクトのご紹介、あらすじはこちらから。

れるりりさんの曲には「脳漿炸裂ガール」「聖槍爆裂ボーイ」のような詰め込み歌詞系だけでなく、アニメの主題歌のような普通にかっこいい楽曲も多くあります。この「天国と地獄」は後者です。
パチ子さんの手による画面も本当にかっこいいです。
伊東歌詞太郎さん&ろんさんによる歌い手バージョンも聴いて飽きません。

なぜカラオケで配信されないのか不思議です。権利関係の問題でもあるのでしょうか?

おわりに

CD販売やiTunesなど旧音楽販路から発売された曲は1000枚も売れなくてもカラオケ配信されています。
それに比べて、ボーカロイドの曲は有名ボカロPさんが作られているのに1000以上マイリスされててもなぜかカラオケ配信されない曲が目につき、不満が溜まります。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大