にわかボカカラファンが選ぶ2017ベストボーカロイドカラオケ曲10選

2017年に「にわかボカロファン」になったカラオケファンから2017年ボカロ記事の締めくくりとして、2017年ボカカラベストテンをお送りします!
ちなみに、各曲紹介には私がいつも歌うキー調整をメモしていますので参考になれば幸いです。(私の音域は平均よりちょっと高めの男声といった程度です)

スポンサーリンク

2017年ボーカロイドカラオケ曲ベスト10

次点:「ナンセンス文学」 Eve feat. 初音ミク


惜しくも10位に入らなかったのですが今年を代表するボカロカラオケ曲なので紹介しようと思います。

歌い手としても活動されているEveさんがボカロPとして出したこの曲。印象に残るノリの良いメロディーと、ちょっと不気味ながらも愛らしさもあるこれまた印象的な映像で今年上半期を代表するボカロヒット曲になりました。

カラオケで歌ってみると気づかされるのですが、この曲を満足に歌うにはものすごく幅広い音程を求められます。サビの高音を何とかしようとキーを下げると、Aメロが低すぎてろくに声を出せないほど低くなってしまいます。逆にAメロで普通に歌えるキーにすると、サビが高すぎて歌えないのです。

試行錯誤の末に私はキー調整+2で歌っていますが、早口な歌唱が多いこともあってまだ歌いこなすことができていません。早口をこなすことができれば楽しく歌えるだろうと思いしばしば歌ってみるのですが上手くいかず。。を繰り返しています。

この曲はDAMの映像がとにかく酷いです。(これが一番言いたかった)
オリジナル映像はこんなに良いのに、DAMで歌ってしまうとマイルドヤンキー的な不良のだらだら生活みたいな最悪な映像を見させられます。放課後ストライドやバレリーコも映像が酷いせいでDAMで歌う気を失くしてしまいますが、ナンセンス文学のDAM映像は群を抜いて酷いです。
DAMで歌う時には、デンモクの機能で別の映像をかぶせてしまいましょう。

10位:「記憶の水槽」こんにちは谷田さん feat. 初音ミク


2016年に「芥の部屋は錆色に沈む」で新世代ボカロPとして頭角を現された「こんにちは谷田さん」さん(略称:こん谷さん)。キタニタツヤという名義でも活動されています。

この「記憶の水槽」はカッコよい曲なのですが、とても歌いやすいです。
こん谷さんの曲全般に言えるのですが、カッコよくて一見歌うのが難しく聞こえるのですが歌ってみると実は歌いやすい曲が多いと思います。
私はこの曲はキーを4つ上げて(+4して)歌います。こん谷さん本人の歌唱と同じキーになると思います。

この曲は2017/12/17現在DAMでは歌えません。JOYSOUNDのみの配信になります。

9位:「ドリームレス・ドリームス」はるまきごはん feat. 初音ミク


はるまきごはんさんも2016年から2017年にかけてメジャーになってきた、最近の有力なボカロPさんの一人です。

この曲はテンポが速くなく、しっとり歌い上げるタイプの曲です。
ボカロで人気を博す曲には歌い上げるタイプの曲は比較的少なく希少価値がある上、キー的にも気持ちを込めて歌いやすいので非常に気に入っています。

歌う時のポイントはサビ導入部の「ゆめの」ですね。この部分でメリハリをつけて印象的に歌うことができれば、その後盛り上がる歌い上げ部分の快感がさらに際立ちます。

私はこの曲はキー調整しません。キー調整しなくていい曲はタカラでも使いやすいですよね。

また、この曲はDAMにも入っていますのでむしろDAMしか選べなかったときにこの曲を歌うことが多いです。

8位:「帝国少女」R Sound Design feat. 初音ミク


R Sound Designさんは2016年にボカロPデビューされた、これまた新世代のボカロPさんの一人です。

この曲はR Sound Designさんの初の大ヒット曲。東京の夜景をおしゃれに映した画面のイメージに合ったおしゃれなイメージの曲で、一度聴いたら忘れない非常に印象深い曲だと思います。

歌ってみると音程はそこまで苦労しませんが、息継ぎのタイミングがとにかく難しいです。得にサビの入りから4小節ずっと歌い続けて息ができないので、サビ前には最大限に息を吸ってためておく必要があります。
特にラスサビは2回連続で息継ぎなし歌唱が続く上に、1回目のサビメロから2回目のサビメロへの間にも息継ぎ箇所がないというかなり苦しい作りになっていて、ロングブレス技術が問われます。

音程で気を付けるのはCメロ最後くらいかと思います。

私はこの曲はキーを4つ上げて(+4して)歌います。

この曲は2017/12/17現在DAMでは歌えません。JOYSOUNDのみの配信になります。

7位:「彗星ハネムーン」ナユタン星人 feat. 初音ミク


言わずと知れた、ナユタン星人さんの爽やかなヒット曲です。

この曲もカラオケで歌いがいのある仕掛けがいくつも用意されていて、本当に歌っていて楽しいです。

中でも一番カラオケ冥利に尽きるのが「アハハーン」ですよね!ここのロングトーンのために、毎回ヒトカラに来るたびにこの曲を歌ってしまいます。歌詞には出ませんが、「うぉおお」もポイント。

ラスト前の「いいですよ」をどういう風に言うかも大きなポイントですね。セクシーなささやき声を追求するもよし、爽やかな言い方を追求するもよし、いっそのこと無感情に言い放ってみるもよし。1曲で何度も美味しい箇所だと思います。

私はこの曲はキー調整しません(0)。ナユタン星人さんの曲はキー調整なしで楽しめるものが多いです。(エイリアンエイリアンは-3調整しますが。)

6位:「ローファイ・タイムズ」しーくん feat. flower


しーくんさんも去年から頭角を現してきた最近のボカロPさんです。

しーくんさんの曲は非常に特徴があり、今まで聴いたことがないタイプです。他のボカロ曲は何らかの楽曲を下敷きにしているように聴こえる場合がほとんどですが、しーくんさんの曲はとにかく「聴いたことがない感」がものすごいです。

他にカラオケで歌える代表曲には「ルサンチマン・クラブ」がありますが、この「ローファイ・タイムズ」は「聴いたことがない感」はそのままながらも早口をゆっくりにするなど歌いやすくしてあるため、実は歌いやすい曲に仕上がっています。

自分で歌っていて一番楽しい箇所はやはり「出る杭ボッコボコにシンギン」ですね。

この曲はキー調整せずに歌います。DAMでは歌えません。

5位:「インターネッツ・ディスコ」 buzzG feat. ミクウナ


buzzGさんは古参ボカロファンの方にもなじみがあると思います。

が、実は私はこの曲は当初あまり聴いていませんでした。なんとなく歌いにくそうな感じがしたからです。

が、何の気なしに一回JOYSOUNDで歌ってみるとこれが意外と歌いやすいし、歌ってて楽しいのです。今でも不思議に感じながらも、「うぉおおおっおお、おっおっおー」っていう掛け声まで楽しくついつい毎回歌ってしまいます。

「実はカラオケ向き」の一曲としてボカカラファンの方々にぜひぜひお勧めしたい意味で、意図的に上位に持ってきました。

4位:「バカをやるなら」しぇろ(大トロP) feat. 初音ミク with VOCALOIDs


この曲はカラプロのみの配信なので、おそらく1年たつと消えてしまう運命にあります。もちろんDAMでは歌えません。

ただしカラプロであるがゆえに映像はオリジナルなので、歌っていて楽しさは倍増ですよ。

この曲は何回聴いてもサラリーマンがカラオケで歌って盛り上がるために書かれた歌だとしか思えません。前にも書きましたが、私はサラリーマンなのでこういうサラリーマン心をくすぐる歌詞に弱いんですよね。。

30代になっても40代になっても「僕らの青春はまだ終わらない」のです!!

3位:「超常現象」ろくろ feat. flower


今年デビューの期待のボカロPさん、ろくろさんの初ヒット曲です。

この曲は島爺さんがさっそくカバーされていましたが、島爺さんのような超ハイトーン系ではない普通の男声音程中心の歌い手さんが積極的に「歌ってみた」を公開されている曲は上手く聴かせられるように歌いやすい曲である可能性が高いので、カラオケで狙い目なのです。

この曲も歌ってみて納得。一見歌詞の詰め込みが分かりにくくて歌いにくい曲のように聴こえますが、実際に歌ってみるとそこまで難しくなくて自然な言い方で大体こなせてしまいます。

とは言っても曲の一番最後の部分はさすがに難しいです。ここは覚えるまでは一旦オク下で歌い、慣れてきたら本来の音程で歌いきるのに挑戦するのが良いと思います。

そんな感じで上手く歌うためのテクニックを検討できる曲って、カラオケファン的には奥が深くて好みなのです。

私はこの曲はキー調整せずに(0で)歌います。また、DAMでも歌えます。

2位:「太陽系デスコ」ナユタン星人 feat. 初音ミク


私はヒトカラしか行かないのですが、この曲はひとりで歌っていてもひとりで歌っていることを忘れるほど盛り上がれます。

ナユタン星人さんの曲がヒットする理由は覚えやすく、カラオケで歌いやすく、盛り上がると言う三つの要素を満たしているからだと思うんですよね。

そんなナユタン星人さんの曲の中でも最高峰にカラオケ向けの曲がこの「太陽系デスコ」。

普通はメインボーカル以外は歌わないのですが、この曲の「オー・オオー」「ナーナナナーナナ」といった掛け声は自然と歌ってしまいます。一人で自然とメインボーカルと掛け声を両方楽しめてしまう名曲です。

しかもこの曲はキー調整せずに歌うと一番盛り上がるので、タカラでもスムーズに盛り上げられると思います。

1位:「テオ」Omoi feat. 初音ミク


2017年、にわかボカロファンが選ぶボカロカラオケ曲最優秀曲は、Omoiさんの「テオ」です!!

いやほんとこの曲はカラオケ向きです。マジで歌って気持ち良い曲です。

サビが本当に盛り上がるのですが、そうは言っても歌っててどんどん苦しくなってくるのもサビなのです。そんな中この「テオ」はだんだん音程が下がってくるサビメロディーなので苦しくても破綻しにくいのです。

それと、サビのリズム感も最高です。
サビの2フレーズ目、「のこ・さ・ない~」「もど・す・だ・けさ~」の「・」が歌ってて至高の快感です。分かってくれる人だけ分かってくれればいいです。

私はこの曲はキーを1つ下げて(-1して)歌います。調整しない(0)とサビの最後のロングトーンが伸ばしきれず、せっかく思い切り声を振り絞って歌う曲の最大の山場なのに快感が半減してしまうんですよね。。

この曲はDAMでも配信されています。

ボカロ曲ではないけれどカラオケで良く歌った曲

「言って。」ヨルシカ


ヨルシカはn-bunaさんのバンドで、有名ボカロPさんが作った曲ではありますがボーカロイド曲ではありません。

この曲はノリの良いバンドサウンドが本当に心地良く、音程的にも非常に歌いやすいため、ついつい毎回歌ってしまいます。

この曲は私は4つか5つキーを下げて(-4~-5)歌います。

DAMでも歌えますが、オリジナルカラオケ映像です。ひどい映像ではないですが。

「恋の魔法」 TOKOTOKO(西沢さんP) feat. ぱなまん

この曲も有名ボカロPさんが作られていますが、ボーカロイドではなく歌い手のぱなまんさんのために書かれたため、ボカロ曲とは言えない曲です。

この曲は軽快な楽曲の良さと歌い手さんの上手さもさることながら、オリジナルの画像が印象的で品質が高いので非常に印象に残る曲です。そのため、なかなかカラオケに収録されないのをもどかしく感じていました。JOYSOUNDで歌えるようになってからは、2回に1回くらいは歌っています。

最後の「解けないようにしてー!」を歌いきるのがなかなか難しいんですよね。。
それでも懲りずに何回でも歌いたくなる、まさに魔法のような不思議な曲です。

この曲はキー調整せずに歌っています。DAMでは歌えません。

おわりに

今年私はボカロという新たな音楽ジャンルにはまったことで、歌を歌うことを今までより楽しめるようになりました。自分の趣味が広がったことと、カラオケ道を続けることができたのでよい年だったと思っています。

来年もボカロを聴き続け、歌い続けようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大