【牛肉】焼肉・ホルモンのメニューに出てくる部位とおいしい焼き方をまとめました

ザブトンとかサンカクとか、ここ数年で焼肉の部位の名前がものすごく増えたような気がしませんか?この記事では焼肉の部位の名前とおいしい焼き方をまとめます!

スポンサーリンク

本記事のスタンス

本記事では牛肉の焼肉・ホルモン店のメニューに出てくる部位の名前を一覧にしました。

見た目や味についてのうんちくは他のサイトにおまかせして、この記事では焼肉でのおいしい焼き方の記述に特化します。

ただしホルモンについては、どこの臓物なのかだけ簡潔に記載しました。

スネやテールなどあまり焼肉にされることのない部位は記載していません。

また、脳周辺や脊髄はBSE対策で現在流通していないようなので記載していません。

大分類部位名別名おいしい焼き方
正肉
カルビカルビバラ片面をしっかり焼く。裏返したら全体の色が変わる程度にサッと焼いて食べる。
中落ちカルビナカバラ/ゲタ
トモバラ
サンカク三角バラ
カイノミ- 
フランク
カッパ
ロースロースジワリと肉汁が出てくるくらいまで片面を焼く。裏返したら全体の色が変わる程度にサッと焼いて食べる。
肩ロース
リブロース
マキ
エンピツ
サーロイン
クラシタ
ザブトンハネシタ
モモランプランイチさっぱり赤身。表面だけサッと焼いて食べる。
ウチモモウチヒラ
イチボ
メガネ
シンタママル
カメノコ亀の甲
シンシンマルシン
トモサンカクヒウチ
ウデミスジ火を通しすぎると油が落ちすぎてパサつくので焼きすぎないこと。
トウガラシさっぱり赤身。表面だけサッと焼いて食べる。
ホルモン(もつ)
タンタン(厚切り)弱火でじっくり焼く。肉汁を逃がさないようにステーキの要領で何回かひっくり返して焼き、焼き上がってからしばらく置く。
タン(薄切り)片面だけ焼き、火が通ったところですぐ食べる。
タンモトタンツラタンの根元部分。焼き方はタンと同様。
ハラミハラミ横隔膜の背中側。両面ともきっちり焼いて表面を固める。その後、弱火で火を通す。
サガリ横隔膜の肋骨側。焼き方はハラミと同様。
ミノガツ第一胃。中心まで火が入るようにゆっくりと焼く。
ミノサンド第一胃の壁の脂肪がついた部分。ミノと同様じっくり焼くが、脂が垂れる前に食べること。
ハチノス第二胃。加熱処理したものが出されるので、あぶるくらいで良い。
ヤン第二胃と第三胃の間のつなぎ部。希少すぎておいしい焼き方を調べられず。
センマイ第三胃。湯通しして酢味噌などで食べるのが一般的。生センマイはギアラと同様の焼き方。
ギアラ赤センマイ第四胃。皮側を下にして焼く。少し焦げ目がついて形が膨らんできたら食べる。
赤モツレバーキモ肝臓。片面を焼いて少し身が反って来たら裏返す。全体が膨らんできたら食べる。
グレンス脂肪肝。焼き方はレバーに準じる。
ハツココロ心臓。断面の中心にピンク色が残るくらいになるよう両面を焼く。焼きすぎると固くなるので注意。
アブシン脂身付きの心臓。焼き方はハツと同様だが、脂身に多少じっくり火を通す。
白モツマルチョウヒモ/ホソ切り開いていない小腸を裏返したもの。(ヒモは裏返してないもの)中心まで火が入るよう、弱めの火でゆっくり焼く。強火で焼くと油が落ちてしまうので注意。
ホルモンコテッチャン/コプチャン切り開いた小腸。皮側(ヒダのある方)を下にしてある程度しっかり焼く。裏返したら脂を温める程度にサッと焼いて食べる。身が反ってきたら押さえて焼く。
シマチョウテッチャン大腸。焼き方はホルモンと同様。
テッポウ直腸。焼き方はホルモンと同様。

その他の
ホルモン

ツラミホホ頬肉。身が縮んで丸くなり少し赤みが残るぐらいまで焼く。
ノドスジネクタイ食道。赤身に近いのでロースと同様の焼き方と思われる。
ウルテフェガミ喉の軟骨。硬いので十分に焼く。
シビレ胸腺・膵臓。子牛のものはリードヴォー。十分に焼く。
コブクロ子宮。牛の子宮は固いので豚のが出されることが多い。白くなり縮んでいった後、少し焼き色が付くくらいまで焼く。
チチカブ - 乳房。焼き色が付き表面に油がついてくるまで焼く。
マメ腎臓。臭いがあるので十分に焼く。
タチギモチレ 脾臓。 生でもおいしいのでサッと焼く。
ハツモトコリコリ/タケノコ/フエ 大動脈。 淡いピンク色の身を下にして焼く。焼き方はホルモンと同様。
ホッペフワ/プップギ肺。希少すぎておいしい焼き方を調べられず。

おわりに

あまりにも色々な部位がありすぎて調査するのに予想以上に時間がかかってしまいました。

焼肉・ホルモンの部位名って奥深いですね。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大