無料のキーワードプランナーも使える!代わりなどいりません!

2016年にGoogleキーワードプランナーの仕様が変わり、無料ユーザーが見られる情報が限られてしまいました。

が、ブロガーやアフィリエイターなどにとって「無料では使えなくなった」ということはありません!

この記事では、ブロガーやアフィリエイターなどのWebコンテンツ制作者がGoogleキーワードプランナーを無料で使いこなす考え方を紹介します。

スポンサーリンク

キーワードプランナーって?

まず、キーワードプランナーとは何か?ということから説明します。

キーワードプランナーはGoogleが用意しているツールで、あるキーワードについてWEBユーザーが検索してくる回数を教えてくれます。

本来はリスティング広告1)Googleで検索すると一番最初の検索結果よりも先に広告が出てきますよね。その広告のことです。を使いたい広告主が、どの検索ワードで広告を打つのか選ぶためのツールです。

このため、キーワードプランナーは、Googleのサービス体系としてはリスティング広告サービスであるGoogle Adwordsというサービスの中の一つの機能として位置付けられています。

キーワードプランナーでユーザーが検索してくる回数が分かるということは、そのキーワードでブログ記事などのWebコンテンツを制作することにニーズがあるかどうかも分かるということです。

逆に言えば、検索しにくる人がいないキーワードについていくら必死に渾身のWebコンテンツを作っても誰も見にきてくれません。

なので、近年のSEOではその第一歩として「キーワード選定」が重視されているのです。

まとめると、ブロガーやアフィリエイターなどのWebコンテンツ制作者にとって、キーワードプランナーは記事の無駄撃ちを防ぐためにあると言えます。

無料キーワードプランナーで出来なくなったこと

次に、無料で何ができなくなったのかを確認しておきましょう。

以前のキーワードプランナーでは、広告料をGoogleへ支払わない無料ユーザーであっても、キーワードの月間検索回数を「64回」「2580回」などかなり詳しい精度で教えてくれていました。

しかし、2016年のGoogleによるサービス見直しにより、無料ユーザーはキーワードの月間検索回数を桁レベルでしか把握できなくなりました。

桁レベルというのは、「10万回以上」「1万回~10万回」「1000~10000回」「100~1000回」「10~100回」「10回未満」のいずれかしか分からなくなったということです。

コンテンツ制作者にとってのキーワードプランナー

しかし、キーワードの検索回数が桁レベルでしか分からなくなったということがコンテンツ制作者にとって使えなくなったということに直結するのかというと、そんなことはないと考えます。

記事の無駄撃ちを防ぐという目的であれば、キーワードの月間検索回数を正確に把握する必要はありません。桁単位で分かればよいのです。

無料でも、月10回も検索されないのか、月10回以上検索されるのか、はたまた月100回以上検索されるのかは分かります。

「月10回も検索されない」ことが事前に分かれば、そのキーワードのためにブログ記事などのコンテンツをわざわざ作る気なんて失せるでしょう?

アクセス数を稼ぎたいWebコンテンツ制作者にとって、検索回数の桁数だけでも分かるのであれば、

月100回以上検索されるキーワードの検索意図に応えるコンテンツ
>>>月10~100回検索されるキーワードの検索意図に応えるコンテンツ
>>>>>>>>>月10回も検索されないコンテンツ

という優先順位でコンテンツを作っていくのが効率的であることは分かると思います。

キーワードプランナー(Adwords)への無料登録の方法

おさらいしましょう。

キーワードプランナーはGoogleの広告出稿サービス、Google Adwordsに含まれている機能の一つです。

広告出稿をGoogleへ発注するには当然お金が必要ですが、Google Adwordsに登録して無料版のキーワードプランナー(検索回数の桁だけしかわからないプランナー)を使えるようにするだけであれば、お金はかかりません。

Googleの立場を推察してみると、お金を支払ってくれないWebコンテンツ制作者2)むしろGoogleにとってみればAdsenseでお金を支払わなければなりません。に詳細な検索回数情報を開示するのは教えすぎと考えているのでしょう。

一方GoogleがWebコンテンツ制作者に何も教えないと、検索ニーズと合わないWebコンテンツを量産されて、最終的にはWeb検索ユーザーから「Google検索は使えない」と評価されてしまいます。

これらのリスクを勘案して、落としどころとして「Webコンテンツ制作者には検索回数の桁だけ教える」ということにしているのだと想像します。

Googleキーワードプランナー無料版を使うための具体的な方法は下のリンク先に載っていますので、参考にしてください。

Googleキーワードプランナーが使えない時のAdwords無料登録方法 | イノバース:コ...
Googleキーワードプランナーを使おうとしたら、「Google AdWordsへようこそ」という文字が出てきてしまい、「Googleキーワードプランナーが使用できない!」と考える人...

おわりに

GoogleキーワードプランナーはブロガーやアフィリエイターなどのWebコンテンツ制作者にとってSEO対策に不可欠なキーワード選定ツールです。

キーワードプランナーは無料利用に制限が加えられてしまいましたが、Webコンテンツ制作者にとっては無料版でも立派に使えることがご理解頂けたかと思います。

References   [ + ]

1. Googleで検索すると一番最初の検索結果よりも先に広告が出てきますよね。その広告のことです。
2. むしろGoogleにとってみればAdsenseでお金を支払わなければなりません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大